20代のところ競馬をし出して早10層近所なります。

20代の時に競馬をし出して早10時期傍らなります。馬券としてはなんだか当たらないのですが、馬の家筋は感動するものがあります。競走馬として活躍したからと言ってこどもも力強いとは限らない、凄い競走馬と凄い競走馬を掛け合わせてもこどもが硬いとは限らない部分が楽しいです。ネックも軽く被害に泣かされていた馬と成果がいまいち残らず引退した馬のこどものほうがさっきの言っていた父兄の七光りサラブレッドを倒すのだから相当嬉しい。自分が競馬を始めた冒頭競走馬と走っていた馬が引退して原料牡馬や増加牝馬になり、こどもを産み、その人がまた競走馬として滑る。お前の叔父はここのパッケージが得意で重賞も勝ったんだぞと思うと馬券を買って応援します。馬券は当たらないし、馬も損するのですが叔父がいつか走った部分を孫が走り回るビックリで見ているだけでも泣けてくる。但し、馬にはそれほど思っても自分のこどもには自己とおんなじ道路には進んでほしいとは思わないですね。(笑)http://www.tea-express.jp/