学生時代に一番夢中になっていたのは部活だ。

学生時代に一番夢中になっていたのは部活だ。
その授業には「音響部」という少し変わった部活があったので入ってみました。

メニューとしては頭数も早く、個人が好きな楽器で好きな曲をやるだけの部活でした。
軽音楽部や吹奏楽部のように1つの目標に向かって、といった形ではありませんでしたが、好きな曲をやれた事が楽しかっただ。

当時はヴァイオリンを通じていて、部活のキャプテンはピアノを通じていました。
ふと聴く音響の系統がおんなじだった事もあり、セッション形式で色々な曲を合奏したのは今でも記憶に残っています。

文化祭の時に一座敷だけ貸し切って見に来たいお客はテキトーに何とか、といった様式だったのでプレッシャーもありませんでした。
通常アクティビティ自体は1階級ちょっとしかしていなかったのですが、キャプテンが卒業後の音響の期間で最新同士といった好きな曲で権利展示があったので、部活で経験しておいて良かったと思います。
部活も音響の領域も、とも楽しかっただ。エステが気になる